読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daddy Book-Look Fair

テレビ・絵本・ネット動画を駆使して英語と日本語の教育を「とことん」楽しむことにしています。

無限に広がる子供の想像力。信じないと…『Billy's Bucket』

テーマ、言葉、韻やリズム、イラストなど絵本を好きになる理由は色々ありますが、私がこの絵本で好きなのは、子供のイマジネーションが自由で限界なく描かれている事です。

子供と会話していると、想像力の豊かさに感動させられる時があります。

主人公の少年Billyは誕生日プレゼントにバケツをリクエストします。お店の人にはどれも同じバケツに見えますがBillyが欲しいのは特別なただ一つのバケツです。Billyの両親もバケツを貸してとお願いしますがBillyは貸してくれません。翌朝、車を洗うために勝手にバケツを使ったお父さんは、、、

Kids + Imagination = Infinity !!

Billy's Bucket

Billy's Bucket

 

 

参考動画

BBCの子供向け番組CBeebiesの読み聞かせ番組Bedtime StoryのBilly's Bucketの回の動画がアップされています。

youtu.be

 

こちらの女性の読み聞かせ動画も参考になります。

 

作者について

Kes Grayは英国の人気絵本作家の1人です。

1981年から続く英国の歴史あるRed House Children's Book Award(現在はChildren's Book Award)2001年に大賞、その後部門賞を3回受賞しています。

Billy's Bucket は2004年にYounger Children部門賞を受賞した作品です。

Children's Book Award Facebook page

Children's Book Awardは、ハリーポッターの作者で有名なJ. K. Rowling(J.K.ローリング)も「賢者の石」や「秘密の部屋」で大賞を受賞している由緒ある賞です。Kes Grayは2001年に「Eat Your Peas」で大賞を獲得しました。同じ年にハリーポッターの「炎のゴブレット」もノミネートされていたにもかかわらずです。

過去の受賞作品一覧ポスター(PDFファイルが開きます)