Daddy Book-Look Fair

テレビ・絵本・ネット動画を駆使して英語と日本語の教育を「とことん」楽しむことにしています。

Roald Dahl Funny Prizeとは?

Roald Dahl Funny Prizeとは、ユーモアで笑いを届ける絵本を称える賞で2008年から2013年まで続きました。We're Going on a Bear Huntの作者Michael Rosenが設立に関わりました。

Roald Dahl Funny Prizeは7歳から14歳までのほぼ小学生部門、6歳以下の未就学児部門に別れています。各部門に毎年6タイトルがノミネートされ、各部門の優勝者は2500ポンドを受け取ります。

そしてRoald Dahl Funny Prizeは2014年で終了しています。

Michael Rosenが「もはや面白くなくなった」と言っています。人間関係やスポンサー絡みでもめたのかもしれません。勝手な推測ですが。

This is a formal announcement: the Roald Dahl Funny prize is no more. It is deceased. Gone before. It is a late prize. Not funny any more.

www.theguardian.com

過去の受賞作品

私の娘はまだ小学生になっていないので、6歳以下の部門で過去にノミネートされた作品と優勝作品だけ紹介します。

2013年(優勝作品:Monkey Nut)

ぼくたちの ピーナッツ (講談社の翻訳絵本)

ぼくたちの ピーナッツ (講談社の翻訳絵本)

 

他のノミネート作品は

Noisy Bottoms (Noisy Books)

Troll Swap

Do Not Enter The Monster Zoo

Spaghetti With the Yeti (George's Amazing Adventures)

Weasels

2012年(優勝作品:My Big Shouting Day)

My Big Shouting Day

My Big Shouting Day

 

他のノミネート作品は

The Pirates Next Door (Jonny Duddle)

Oh No, George!

Stuck

The Worst Princess

The Baby That Roared

2011年(優勝作品:Cats Ahoy!) 

Cats Ahoy! (Let's Read!)

Cats Ahoy! (Let's Read!)

 

 他のノミネート作品は

Marshall Armstrong Is New To Our School

FIRST WEEK AT COW SCHOOL

ぼくたちのいえはどこ?(Place to Call Home)

Limelight Larry (English Edition)

Bedtime for Monsters

2010年(優勝作品:Dog Loves Book) 

Dog Loves Books

Dog Loves Books

 

他のノミネート作品は

The Scariest Monster in the World

One Smart Fish

The Nanny Goat's Kid

Dogs Don't Do Ballet

Angelica Sprocket's Pockets

2009年(優勝作品:Mr Pusskins Best in Show) 

Mr.Pusskins Best in Show (Mr. Pusskins)

Mr.Pusskins Best in Show (Mr. Pusskins)

 

他のノミネート作品は

The Pencil

The Great Dog Bottom Swap

Octopus Socktopus

Crocodiles are the Best Animals of All!

Elephant Joe is a Spaceman!

2008年

ノミネート作品は(最初の年は4作品しか候補がありませんでした)

Manfred the Baddie

Ouch In My Pouch

Great Paper Caper

Stick Man

 

自分の娘と重なって笑わずにはいられない『My Big Shouting Day』

Bellaの1日は、寝起き早々から、まだ赤ん坊で弟のBobにアクセサリーを踏みつけられて始まります。ゆで卵が食べたかったとか、ビスケットが割れているとか、スープが熱すぎるとか文句ばかり。

就寝の時ベッドでBellaはお母さんに相談します。今日は一日中叫んでいて疲れたから、明日は陽気な気分でいたいと。

子供にだって虫の居所が悪い時がある。そんな時の情景が大人の目線と子供の目線で描かれています。

この絵本に出会った時、我が家の長女とBellaが重なって、夫婦で笑わずにはいられませんでした。

My Big Shouting Day

My Big Shouting Day

 

 

絵本の基本情報

Rebecca Pattersonは絵本作家です。

Roald Dahl Funny Prize 2012受賞作品

chili2pepper.hatenablog.com

 

 

必要だったのは批判ではなく励まし『Giraffes Can't Dance』

ジャングルで開催される年に一度のダンスパーティがあります。ですがキリンのジェラルドは踊りが苦手です。他の動物たちの華麗な踊りを見ているうちに、宴の途中で逃げるように会場を後にしてしまう。夜空に輝く綺麗な月を見上げ、どこからか聞こえる声に導かれ自分の気持ちに耳を傾けたその時、、、

絵本の基本情報

作:Giles Andreae
絵:Guy Parker Rees
作者は英国の絵本作家です。そして絵を描いているGuyはジンバブエ生まれのイラストレーターです。

隠れミッキーならぬ隠れテントウムシ

全ページに赤色と黄色と青色のテントウムシがいるのに気付きましたか?声に出して読んでいると大人は気付きにくいのですが、子供はこういう細かい所に気がいきますね。

 

 

Giraffes Can't Dance

Giraffes Can't Dance

 

 

世界で大人気!ブロードウェイにも進出『The Gruffalo』(邦題:もりでいちばんつよいのは)

私が色々な絵本について深く調べてみたいと思うきっかけとなった一冊です。絵本を探して地元の本屋へ行ったら、The Gruffaloやそのシリーズ、同じ作者の絵本が棚に沢山並んでいました。

イギリスで出版され、世界の多くの国で翻訳版が出ています。ロンドンのウエストエンドやニューヨークのブロードウェイで劇場版が公開されるほど人気のストーリーです。

子供向けキャラクターとして確立したポジションを得ています。系統は違いますがミッフィーはらぺこあおむしに並ぶ存在感です。

The Gruffalo

The Gruffalo

 

 

もりでいちばんつよいのは? (児童図書館・絵本の部屋)

もりでいちばんつよいのは? (児童図書館・絵本の部屋)

  • 作者: ジュリアドナルドソン,アクセルシェフラー,Julia Donaldson,Axel Scheffeler,久山太市
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2001/01
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 

 

 

無限に広がる子供の想像力。信じないと…『Billy's Bucket』

テーマ、言葉、韻やリズム、イラストなど絵本を好きになる理由は色々ありますが、私がこの絵本で好きなのは、子供のイマジネーションが自由で限界なく描かれている事です。

子供と会話していると、想像力の豊かさに感動させられる時があります。

主人公の少年Billyは誕生日プレゼントにバケツをリクエストします。お店の人にはどれも同じバケツに見えますがBillyが欲しいのは特別なただ一つのバケツです。Billyの両親もバケツを貸してとお願いしますがBillyは貸してくれません。翌朝、車を洗うために勝手にバケツを使ったお父さんは、、、

Kids + Imagination = Infinity !!

Billy's Bucket

Billy's Bucket

 

 

参考動画

BBCの子供向け番組CBeebiesの読み聞かせ番組Bedtime StoryのBilly's Bucketの回の動画がアップされています。

youtu.be

 

こちらの女性の読み聞かせ動画も参考になります。

 

作者について

Kes Grayは英国の人気絵本作家の1人です。

1981年から続く英国の歴史あるRed House Children's Book Award(現在はChildren's Book Award)2001年に大賞、その後部門賞を3回受賞しています。

Billy's Bucket は2004年にYounger Children部門賞を受賞した作品です。

Children's Book Award Facebook page

Children's Book Awardは、ハリーポッターの作者で有名なJ. K. Rowling(J.K.ローリング)も「賢者の石」や「秘密の部屋」で大賞を受賞している由緒ある賞です。Kes Grayは2001年に「Eat Your Peas」で大賞を獲得しました。同じ年にハリーポッターの「炎のゴブレット」もノミネートされていたにもかかわらずです。

過去の受賞作品一覧ポスター(PDFファイルが開きます)

 

 

おじいちゃんと孫の特別な関係『Grandad's Island』(邦題:おじいちゃんのゆめのしま)

お爺ちゃんと少年というのは 何とも言えない和みを感じる組み合わせではないでしょうか。好奇心旺盛な年頃の子供にとって、お爺ちゃんというのは優しくて物知りで冒険的で沢山の楽しい事を教えてくれる特別な存在なのではないかと思います。

そんなお爺ちゃんと少年が一緒に島へ行くお話

読む前にパラパラっと絵本をめくってみれば、何となく話の展開に気づくと思いますが、そういう話ですので、そういう気持ちで子供に読み聞かせをしたい一冊です。

目次

絵本の基本情報

作・絵:Benji Davis(ベンジー・デイヴィス)

Benji Davisはイギリスのイラストレーターです。彼の初めての自作絵本(ストーリーも絵も彼のオリジナル)の『The Storm Whale』が2014年にOscar’s First Book Prizeを受賞し、2作目の自作絵本がこの『Grandad's Island』で出版した2015年にThe Sainsbury’s Children’s Book AwardsのBest Picuture BookとChildren's Book of the Yearを受賞しています。

Benjiはロンドンの西側で奥様のNinaと住んでいます。Ninaは服飾クリエーターです。 

Grandad's Island

Grandad's Island

 

日本語版はタイトルが「おじいちゃんのゆめのしま」と なっています。 

おじいちゃんのゆめのしま (児童図書館・絵本の部屋)

おじいちゃんのゆめのしま (児童図書館・絵本の部屋)

 

 

出版社の紹介文と動画 

After the phenomenal success of The Storm Whale and On Sudden Hill, this new book by Benji Davies deals with the emotional topic of losing a grandparent. Subtly told, this beautifully illustrated book tackles a difficult subject with great sensitivity and depth. 

youtu.be

作品に関するインタビュー記事 

Picturebook Makers | Benji Davies

Benji Daviesが『Grandad's Island』の製作裏話について語っています。 

 

 

作者直々のナレーション動画必見!セリフが耳から離れなくなります。『We're Going on a Bear Hunt』(邦題:きょうはみんなでクマがりだ)

この絵本については、まずは動画を見て欲しいと思います。 

youtu.be

ナレーションをしているのは実はこの絵本の作者なんです。最初はプロの俳優かと思いました。とてもユニークで強く印象に残ります。作者のナレーションにはまってしまい、何回も見ているうちに自分も子供に読み聞かせしてあげたくなりました。

 

Michael Rosenの朗読の印象が強すぎてもはや自己流の読み聞かせができません(笑)

 

この絵本は本当に面白いです。川の水や泥沼の中をかき分けて歩く音なんて、学校や職場で出会える単語ではありません。絵本ならではの表現という感じがします。 

絵本の基本情報

作:Michael Rosen(マイケル・ローゼン)

絵:Helen Oxenbury

Michael Rosenは英国の絵本作家です。隔年で1人の絵本作家・イラストレーターに与えられる役職Children's Laureateに任命され2007年から2009年まで務めました。

1985年から2007年まで続いた児童向け絵本のコンテストNestlé Children's Book Prizeで1989年に大賞を受賞しました。

We're Going on a Bear Hunt

We're Going on a Bear Hunt

 

 飛び出す絵本タイプのWe're Going on a Bear Hunt (Panorama Pops)も刺激的で面白そうです。

絵本に登場する擬音語(オノマトペ

  • Swishy swashy! - 草原(long wavy grass)で登場します。
  • Splash splosh! - 川(a deep cold river)で登場します。
  • Squelch squerch! - 泥沼(thick oozy mud)で登場します。
  • Stumble trip! - 森(a big dark forest)で登場します。
  • Hoooo Woooo! - 竜巻(a swirling whirling snowstorm)で登場します。
  • Tiptoe! - 洞窟(a narrow gloomy cave)で登場します。日本語で言うところの抜き足差し足忍び足です。「し・し・しのびあし」